HOME > SEO対策の歩み > 検索エンジン最適化業者の台頭

検索エンジン最適化業者の台頭

 2002年より、検索エンジン最適化業者の台頭が本格化し始めました。
 検索エンジンがこの世に登場して、すぐにその存在価値が評価されていました。大手検索エンジンのひとつGoogleの検索エンジンロボットが日本国内で実装されたことにより、上位にランクインする方法がより複雑になりました。また、サイトが増え、ジャンルによっては競争が激しくなり専門知識を持つ業者に依頼するほうが低コストで上位にランクインすることができるからです。
 海外では主にGoogleが利用されていますが、日本ではYahooの利用者が多く、GoogleだけでなくYahooのSEO対策も必要とされました。しかし、Yahooは元々ディレクトリ型検索のみを採用していましたが、2010年11月、Googleの検索エンジンを採用することに決め、SEO対策業界に衝撃が走りました。このYahooとGoogleの提携により、日本のシエアの約90%を占めるようになりました。またそのGoogleも2011年、ルールを変更することを発表しまし、またSEO対策業界に衝撃が走りました。
 検索エンジンサイトと検索エンジン対策業者は常にイタチごっこを続けています。検索エンジン業者の中には、上位に掲載されるためのアラをついてくるだけでなく、スパムといった不正な手段を使う業者もあります。そのため、検索エンジンでは不正により上位にランクインしたサイトに対し違反ペナルティを実施することがあります。イタチごっこのレベル、すなわち、ランキングの表示方法やSEO対策の方法のレベルがますます複雑化しているのです。
 現在、ジャンルによっては競合する会社が非常に多く激戦になります。その中で上位にランクインするのは非常に厳しいでしょう。ましてや、検索エンジンに上位に表示する方法は年々複雑化しています。SEO対策の専門である業者に代行してもらえば、コストと手間を少なめに抑えて上位にランクインできます。検索エンジン対策業者は、今や、無くてはならない存在となりました。

ページのトップへ戻る