HOME > SEOとは > SEO対策とは

SEO対策とは

 SEO対策とはどういうことを言うのでしょうか。
 日本の9割の世帯が利用しているインターネット。インターネット利用世帯の増加と共に、WEBサイトの量も増加し、WEB上に情報が溢れています。そのため、必要とする情報をなかなか抽出しにくい状態にあります。例えば、「SEO」と言う言葉をGOOGLEで検索した場合、約9億件の検索結果が表示されました(2012年3月)。
 さて、この膨大な表示データを皆さんなら、どこまで見て探すでしょうか?恐らくほとんどの方が、最初画面から1,2ページまでではないでしょうか。最近の検索サイトの性能によっては1ページ目のデータで目的の情報を知ることができるサイトを探しだせます。そのために上位に表示されアクセス率をアップするために、検索エンジンの最適化が必要になるのです。このアクセス率をアップさせることで、ライバル他社に勝利するチャンスが増えます。検索によって多くの人が閲覧すること、これも広告宣伝媒体としてのひとつなのです。
 SEO対策とは、自分のサイトにダイレクトに顧客を獲得するための検索エンジンの顧客の目を引きやすい、または顧客がクリックしやすい上位に表示されるように対策することを言い、コストを少なめに集客できる方法として大変有効な手段です。
 そのために、有名検索エンジン(YAHOO!,Google,Bingなど)の特性を知り、どのような文章にし、どんな構成にし、有益なサイトにリンクしてもらうなどが主な対策の方法になります。

ページのトップへ戻る