HOME > SEOとは

SEOとは

 SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジン・オプチマイゼイション)の略で、検索エンジンの最適化を指します。検索エンジンの最適化とは、WEB上の検索エンジンでの検索結果をより上位に表示させるようにWEBページの書き換えること、またその技術を指します。
 何故、検索エンジンサイトで上位表示される必要があるのでしょうか?それは、上位に表示されるか下位に表示されるかで、クリックされる率、すなわち自らのサイトに誘導し閲覧される率の差に大きな乖離があるからです。日本国内のネット普及率は平成22年末で約78.2%、また世帯普及率は93.8%(『総務省インターネット普及率の推移』http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/tsuushin01.html参照)、実に国民の5人に4人がネットを利用しており、9割を超えた高い世帯普及率はほぼ全ての家庭で家族の誰かがネットを利用している可能性があるということを指し示しています。
 ネットの主な利用目的はメールの送受信やWEBサイト閲覧です。WEBサイトを閲覧する際に、「お気に入り」や「ブックマーク」に保存、またはメールに届いたURLをクリックして閲覧するなどの方法もありますが、それ以外では検索エンジンを利用する方法が非常に有効であり、迅速に調べものの答えが判明します。恐らく、ネット利用者のほとんどが何かしらで検索エンジンを使っています。つまり、先ほどの国内インターネット普及率から見て、ほぼ全国民が検索エンジンを目にしているということになり、上位に掲載されることは、ほぼ全国民が目にする機会をもつ、すなわち、そのWEBサイトが企業であった場合、広告宣伝に有効的に利用できます。また、一般の広告宣伝費と違い圧倒的にコストを低く抑えられます。

ページのトップへ戻る