HOME > 検索キーワードの最適化 > 大手検索エンジンのSEO対策

大手検索エンジンのSEO対策

SEO対策は個人でも、業者に依頼して行う事も出来ます。しかし最近では、アクセス数を増やすために手段を選ばない業者も少なくありません。そうした業者の中には、隠し文字を用いたり、ドアページを用いたりするものがあります。
しかし、大手検索エンジンを運営する会社は近年そうしたサイトへの規制を強めています。大手検索エンジンが恐れるのは、検索結果で出て来るサイトと、使用者が検索に用いたキーワードが全く関係のないものになってしまう事です。そうなると、その検索エンジンへの信頼は薄れてしまいます。そこで、検索エンジン各社は、人為的にアクセス数を増やそうとしてなされるテクニックに対して次々と対策をとってきました。しかし、SEO各社も、負けずに様々な技術を用いて検索数を上げようとしてきました。
特に、大手検索エンジンのGoogleは、そうした行為に対して厳しい扱いをしてきました。過去に、ドイツのBMWや日本のリコー、さらにとあるサイバーエージェント会社が、自社ホームページで行った点についてスパム行為とみなされたことがありました。そして、検索対象から削除されてしまいました。いずれの会社も後に、対処して検索対象に復帰しています。
その様に検索対象から削除された場合でも、その理由は特に公表されることはありません。ですから、削除された理由が必ずしもスパム行為とはいえないこともあります。しかし、削除された会社にとっては、削除されることは死活問題であり、以前には検索エンジン会社にたいして訴訟が起こされたこもあります。そのように、検索対象から削除されることを村八分にもじって、検索エンジン八分といわれることがあります。

ページのトップへ戻る